top of page

ユニトレPERSONALでは何が出来る?【立位編】

更新日:5 日前




ユニバーサルトレーニングセンター(UTC)では障害をお持ちの方を対象としたトータルヘルスケアサービスの一環としてパーソナルトレーニングサービス(通称ユニトレPERSONAL)を提供しています。 これまでに脊髄損傷/頸髄損傷、脳卒中、脳性麻痺、二分脊椎、脊髄梗塞、急性散在性脳脊髄炎(ADEM)、脊髄性筋萎縮症(SMA)、シャルコーマリートゥース病、脊髄動静脈奇形、筋ジストロフィーなど様々な疾患の方々に対してトレーニングを行ってきました。



ユニトレPERSONALの訪問型では麻痺部を含む全身運動や立位・歩行訓練、全身の関節拘縮予防やスムーズな動作を目的としたストレッチ、体力やスポーツパフォーマンス向上、肩こりや腰痛予防・改善などの二次障害リスク低減の為のエクササイズ指導など様々な内容を実施しておりますが、

その中でも皆様に具体的にどのような方法で実施しているのかをイメージしてもらうために、いくつかのシリーズに分けユニトレPERSONAL~訪問型~の詳細をご紹介をいたします。


そして、今回は第一弾として「立位編」のご紹介です。


 

多くの方は

「下肢が全く動かないのだけれど本当に立つことが出来るの?」と疑問を抱かれるかもしれません。


その答えとしては 「トレーナーが適切な評価とサポートをすることで立位が可能」 です。

もちろん様々な障害・症状をお持ちの方がいらっしゃり、それぞれの症状に応じてリスクが異なってきます。

ただ専門のトレーナーが適切な評価をすること、そしてその障害状況に併せて適切なサポートをすることで立位が可能となるのです。


それでは一体どのようにサポートして立位トレーニングをしているかという事例を紹介させて頂きます。

下記に紹介する女性は交通事故で頸髄4,5番を完全損傷してしまった方です。

下肢機能は全くないだけでなく、体幹、そして上肢にも麻痺があり、上腕三頭筋の麻痺もあるため自力での移乗動作も困難であります。

そのような方に対して、トレーナーが上肢と下肢が安定するように全身を使いながらサポートすることによって立位の姿勢まで安全に動かします。(この時トレーナーは全身を使ってサポートするので、普段から自身のトレーニングもかかさずに行っています)

そして徐々に立位の姿勢が安定してきたら、少しずつサポートする部位を減らしていきなるべくご自身の身体機能や感覚を最大限に使いながら立位姿勢を維持するという形になります。



【立位トレーニングのメリット】


一人で実施することが難しい立位トレーニングを定期的にすることのメリットとしては

立位や立ち上がり機能や安定性の向上はもちろんのこと、そのほかにも

  • 下肢筋肉量の維持・増加

  • 全身の血流循環向上(エコノミークラス症候群予防)

  • 足首、膝、股関節の関節拘縮予防

  • 骨粗鬆症予防

  • 起立性低血圧の予防

  • 浮腫の予防


など様々なメリットがあります。

また、立位トレーニングを実施した後によく聞く声としては
  • 全身に血流がめぐって体の調子がよくなる!

  • 普段伸び切らない下肢の関節が伸び切って気持ちいい!

  • 普段どんなに運動をしていても立位での運動が一番疲れて体を動かしている感じがする!

など声があり、みなさん立位トレーニングの重要性や効果を感じていただいております。


上記は下肢が完全に麻痺した人の事例を紹介しましたが、もちろん、手すりを使えば自力で立つことはできるけど、もっと立位を安定させたいという方や、さらなる歩行を目指したいという方もそれぞれの要望に合わせてトレーニングをさせて頂きます。

当社では初めての方でもご安心してトレーニングを始めていただけるように、ユニトレPERSONAL~訪問型~の体験セッションを設けております。 体験セッションをご希望の方は下記ページの申し込みフォームからお申し込みください。





またその他にも、 「ユニトレPERSONALでこんなことはできる?」や 「本当に私でも立位トレーニングが可能?」などのご質問ございましたら、お気軽にご連絡ください。



閲覧数:88回

Comments


bottom of page