top of page

肩甲骨の可動域を高める肩のエクササイズ

更新日:2023年10月12日


今回はアクティブストレッチの中の肩甲骨の可動域を高める肩のエクササイズを徹底解説してきます!

既に動画を見てエクササイズした方は復習ともう一度行う前にぜひ読んでください。

まだエクササイズ実施してない方も、予習してから実施することでより効果的に行えます。

肩甲骨を意識しながら、素早く肩の側面を集中的に動かし、筋温上昇、体温上昇、関節の滑走性を高めていきます。

素早い動きとゆっくりの動きを組み合わせて徐々に動きをよくしていきます。

今回の強度は★★☆ですが、他の強度のものに通ずるので参考にしてください!


 

バックハンド

 1.片手を反対側の腰付近に置く

 2.テニスのバックハンドのように腕を振り上げる


テニスのバックハンドストロークのイメージで腕を勢いよく後ろに振り上げます。

肩の外側の筋肉を使いながら肩甲骨の動きを出していくエクササイズになります。

 

ポイント

記事の続きは…

sit-fitness.com を定期購読してお読みください。

閲覧数:84回
bottom of page